Category
施設警備について
Category

施設の種類に合わせて最適な警備

オフィスビルにおいては働かれる方が安心して業務に臨めるように、商業施設においてはご来館のお客様が楽しいひと時を過ごせるように、建物の資産価値を守るとともにお客様の命や財産を守る警備業務を行っています。建物の種類や立地によって気を付ける部分は異なるため、事前にしっかりとご依頼者様からのヒアリングを行っています。

< 12 3 >

商業施設オフィスなどの施設を対象に、警備員が事故や犯罪などを防ぎます。主に、入出管理や巡回業務で不審者の侵入や盗難などの犯罪を防ぐ常駐警備と、複数の施設を巡回しながら異変がないかどうかを確認していく巡回警備の2種類があります。そのほかにも、センサーや監視カメラからの連絡で現場に駆け付ける機械警備や、営業しているショッピングセンターやデパート内を巡回して万引きやスリの発見・防止をする保安業務など、建物種類によって効果的な警備の方法は異なります。長年の経験を積んだスタッフが最適な方法をご提案いたしますので、初めてご依頼される方もご相談ください。施設警備においては、24時間体制で人的警備にあたりますので、人目が届きにくい早朝や深夜であっても些細な異変を見逃しません。もちろん、日中や深夜だけのご利用も大歓迎です。施設内でお過ごしのお客様や近隣住民の方々の安全をお守りいたします。

RELATED

関連記事